2018/10/31 11:23


おばんざいとは京都の常の日のお惣菜のこと。
旬の素材や手近な食材を、

手間をかけずに使い切る献立の数々。
健康的で、おいしくてシンプルなお料理です。
日持ちがしない料理は、

食べ残しの出ない分量だけ作り、
もの足りない分は作り置きした

常備菜でまかなう。
無駄なお金も時間も労力もかけず

ゴミも少ししか出さない、

とても合理的な伝統の家庭料理。
京都の暮らしは驚くほど、

また愉快に感じるほど合理的です。
材料をとことん使い切ることでお金を節約し、
そして労力も時間も節約した賢い工夫は、
お金を出せばなんでも買えるという考えの
対極に位置するものかと思います。
先人の知恵を死蔵させず「始末する心」を

持った豊かな暮らしを、
「京都のおばんざい」、「フレンチおばんざい」

を通して発信させていただいています。


にんじんを丸ごとたっぷりと食べられるサラダ。
干しぶどうとドレッシングのはちみつがほんのり甘く、
にんじんのおいしさを引き立ててくれます。

セロリの葉、パセリなどを添えて


●材料( 作りやすい分量)
にんじん1 本 塩小さじ1/4
干しぶどう10 粒
アーモンドスライス適宜
ドレッシング
 赤ワインビネガー小さじ2
 レモン汁1/2 個分
 はちみつ小さじ1~2
 塩小さじ1/2 サラダ油小さじ2


●作り方
1 にんじんは皮をきれいに洗い、

皮ごと3cm 長さのせん切りにし、
 塩を加えて混ぜ、10 分おいてしんなりさせる。
2 干しぶどうは熱湯をかけてさっと

洗いキッチンペーパーで水けを除く。

3 ドレッシングの材料をすべて混ぜ合わせる。
4 ボウルでにんじん、干しぶどう、

ドレッシングを和え混ぜる。
5 器に盛り、アーモンドスライスを散らす。


野菜の滋味豊かなやさしい味わいです。
バターでゆっくりと炒めたら、

じっくりコトコト煮上げましょう。


●材料(2 人分)
たまねぎ1/2 個
キャベツ100g
にんじん30g
ベーコン2 枚 バター20g
白ワイン大さじ2 水カップ2
チキンブイヨン( 顆粒) 小さじ1/2
ローリエの葉1 枚
塩小さじ1/3 胡椒適宜


●作り方
1 たまねぎ、キャベツ、にんじんは

1 cm 角に切る。
2 ベーコンは1cm 幅に切る。
3 鍋にバターを熱し、ベーコンを軽く炒め、

たまねぎ、キャベツ、にんじんを加え、

弱めの中火で10 分炒める。
4 野菜がやわらかくなったら、

白ワイン、水、チキンブイヨン、
 ローリエの葉、塩、胡椒を

加え弱火にして15 分煮る。